思ってもなかった方向に思考が現実化した話

1月から週1で英会話に通っているんだけど、いまだなんも話せないみんくですこんにちは。

じゃない、Helloだよね!!

 

紙に書いてあるとだいたい意味もわかってだいたい回答できるんだけど、口頭だとダメね~!!

そこそこイケる気になってこないだZoomの授業にも参加してみたんだけど、ちょうどその日はお絵描きにはまってしまっていて授業ギリギリまで描いていたのね。

 

事前にテキストもらってたから予習しとけばそれを見てなんとか回答できたはずなのに、手をつけられないまま授業開始~!!

 

ぜんぜんわかんなかった~!!😭

 

当てられても「ディ…ディフィカルト…(難しい)」しか言えなかった悲しい!!

とまぁこんな風に英会話教室に通っていても今はまだぜんぜん話せません。

 

海外の路上で絵を描く大道芸がやりたいんだよね。

 

や、英会話教室に通い始めた頃はそう思っていたんだけど、いや…大道芸しなくてもいいかな…?

コロナで海外へ行ってみるのも先送りになってしまい、ちょっと気持ちが変わってきてるかもしれない。

ま、いんだけどね~。

 

でも「海外の人と関わりたい」「海外の人にもわたしの描いたものを見てもらいたい」という気持ちは持ちつつ、英会話の先生以外の外国人と関わることもないまま暮らしていたらある日…

 

Twitterがちょっとバズったw

RT、いいね共に数字はそんなでもないんだけど、海外メディアから紹介したいというDMがめっちゃ来た。

 

ドイツのRuptly GmbHから直接取材も来たよ。

 

これで何がどうなったというわけでもないんだけど「海外の人と関わりたい」「海外の人にもわたしが描いた絵(呪いの符だけどw)を見てもらいたい」という願いはとりあえず叶ったよね。

 

数年前にも別なネタでバズったけど、このときは「海外の人に~」という願いは持ってなかったからRTいいねの数は今回の倍以上あるけど、国内メディアからしか連絡が来なかったよ。

もっとも、この頃はまさか自分が英会話に興味を持つなんて1mmも思っていなかったから、仮に海外から取材のお誘いが来てもよくわかんなくて怖いしめんどくさくて断ってたと思う。

 

 

たしかにネタ的にも切手は国内向け、呪符はちょっとエキゾチックで海外の人が好きそうかも。

自分とコミットしているとこのようにタイミングが合ってきます。

自分の内面をよ~く観察して、自分が何を求めているのか把握しておこう。

 

20200317_115936

With Mr. Richard of “Ruptly GmbH”😊

Thank you for your valuable experience!